省エネ

コンプレッサー インバータ化/台数制御盤

「インバータ化」+「台数制御盤」による大幅なコスト削減

はじめに 

コンプレッサーの風量を調節する時には、従来は調節弁や発停制御により調節していました。
その際に、コンプレッサー自体を駆動させるモーターは常にほぼフル稼働し、その分の電力を消費している事に なります。(機械メーカーにより異なります。) 『インバータ』はモーターの回転速度を制御するこ とで、コンプレッサー自体の風量を調節するので、モーターで消費する電力を低減させる事ができます。 『インバータ』によって、コンプレッサーを必要な時に必要な分だけの風量・出力で運転させる事で、 省エネに大きな効果を発揮します。


図1 インバータによるファン・ポンプの省エネルギー効果

左図は、インバータによるファン・ポンプの省エネルギー効果をグラフにしたものです。
本図では、ダンパによる制御をインバータに切り替えることで大きな省エネ効果が認められることを表しておりますが、
本件の「インバータ駆動式コンプレッサー」についても同様です。

モーターの年間電力料の計算

そこで...

モデル工場内のコンプレッサーを
インバータ駆動式を組み合わせて台数制御を行うことによる省エネ効果を試算してみます。

モデル工場のケース

モデル工場の条件

  • 年間稼働:365日24h
  • 効率:0.9
  • 参考電気料金:11円/kWh

  第一工場 現状

  第二工場 現状

「負荷測定診断より現状調査」

稼働時間 エア使用量 電力量
10月22日(火) 12:00~23:55 13,611 m3/day 1,791 kW/day
10月23日(水) 0:00~23:55 27,082 m3/day 3,560 kW/day
10月24日(木) 0:00~23:55 26,832 m3/day 3,542 kW/day
10月25日(金) 0:00~23:55 24,390 m3/day 3,318 kW/day
10月26日(土) 0:00~23:55 25,270 m3/day 3,549 kW/day
10月27日(日) 0:00~23:55 19,389 m3/day 2,134 kW/day
10月28日(月) 0:00~12:55 12,367 m3/day 1,483 kW/day

1週間の使用量は?

水・木・金のデータを使い平日平均を算出

26,101 m3/day      3,473 kw/day

平日x5 + 土日 = 1week

175,164 m3/w      23,048 kw/w

1年間の使用量は?

1weekx50週 = 年間使用量

8,758,200 m3/年      1,152,400 kw/年

一年間で、¥12,676,400-(¥11換算)の電気代がかかっています

更新すると?

  第一工場 更新後

  第二工場 更新後

原単価(1m3/minの空気を作るのに掛かる電力量)


  • 現状  0.131580 kw/min
  • 更新後 0.100097 kw/min
  • 推定エア使用量 7~9 m3/min (第一・第二共)

原単価より推定される電力削減量は

8,758,200 m3/年 x (0.131580-0.100097)kw
= 275,734 kWH/年
→ 3,033,074 円/年 (¥11換算)


モデル工場での「インバータ化」+「台数制御盤」の省エネ改善





「工場の省エネ・節電を診断してみましょう」 こちらをクリック☟

貴工場での省エネ改善効果を試算させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。
省エネ診断に関しては省エネ診断のページをご覧下さい。

▲このページのトップへ