省エネ

コンプレッサー | 省エネ診断

コンプレッサーは工場で不可欠な機器ですが、こんな課題も・・・

  • コンプレッサーの消費電力は、工場全体の総電力量の20%~25%といわれています 総電力量
  • コンプレッサーのランニングコストの80%~85%が電力料金で占められています ランニングコスト

この様な事でお困りのお客様、是非一度ご相談下さい

  • コンプレッサーの電力使用料金を削減し、CO2削減を行いたい
  • コンプレッサーの負荷状況を把握し、効率的な使用環境を構築したい
  • 空気漏れ量を把握し、空気漏れ対策を実施したい

工場内での測定例

省エネ診断の概要

測定項目

  • 吐出圧力
  • 吸込圧力 約5分間隔毎測定(測定時間及び日数はお客様負荷状況に合わせ測定)
  • 電流値

解析内容

  • コンプレッサーの運転・停止稼働状況
  • ロード/アンロード負荷率
  • 全体供給(消費)空気量の変動推移

改善提案

  • 最適機種の選定→高効率コンプレッサーへの更新
  • 中間負荷運転の排除
  • 最適台数制御自動運転システムの導入→必要最小運転台数での効率の良い運転実現
  • 適正レシーバタンク容量の選定→圧力変動の低減
  • 適正配管サイズの見直し選定→圧力損失の低減
  • エアー漏れ改善
  • エアライン供給圧力の見直し→高圧・中圧・小圧エアラインの見直し
  • コンプレッサーのオイルフリー化→高効率の実現と環境負荷の低減
  • エアライン見直しによる設備合理化→コンプレッサー設定台数の合理化、省力化、省メンテナンス化

省エネ診断の流れ(お申込みから報告書提出まで)

お申し込み

測定内容お打ち合わせ
測定時間・測定機器取付け日・取外し日・測定台数 等

測定機器取付け

測定

測定機器取外し

データ解析・省エネ診断報告書作成

省エネ診断報告書提出



「工場の省エネ・節電を診断してみましょう」 こちらをクリック☟


省エネ診断のお申し込みは随時受け付けております。
お電話または電子メールにてお気軽にお問い合わせください。

ご提出する省エネ診断報告書

省エネ診断報告書

  • 診断測定機種
  • 診断期間・診断内容
  • 診断調査結果の要約
  • 各圧縮機のロード負荷状況
  • 省エネ改善について

計測データシート
計算データシート
省エネ効果計算書
空気消費量推移グラフ

ダイナテックはエアシステムの省エネを通し、CO2削減、地球温暖化防止に貢献します。

▲このページのトップへ